コロナ禍での面会2

2021年01月23日
コロナ禍での面会2

認知症が進行してくると、会話が難しくなってきます。

また、視野が狭くなり全体像がとらえられなくなって、目の前の人の顔が、目だけ、口だけというように、気になる一部分しか認識できなくなってきます。

コロナ禍で面会中止となっている高齢者施設が多い中、テレビ電話で入所者との面会が可能なある施設。

お元気な様子を確認できてひと安心でしたが、ご本人にとっては、長方形の板のようなもの(タブレットのこと)から声が聞こえてくる、何か映っている、という状態。

少々不安がらせてしまいました。

直接対面して、目を見て触れて安心できる日が、早く戻って来ることを望みます。