らいさぽぶろぐ

2022年03月07日

墓を持たないという選択肢

墓を持たないという選択肢

生前、海洋散骨を希望されていたYさん。『親族の負担にならないよう墓は作らない』とのご遺志でした。 そのYさんが亡くなって数か月後。ご親族からお聞きした海洋散骨は、こんな感じでした。1.海洋散骨を依頼した会社へ、郵便局からご遺骨を送付。2.会社は提携先にてご遺骨を粉骨。粉骨の後、散骨場所と日にちを設定。3.散骨当日はボート(クルーザーの小さいバージョン)で海へ。  参列者は全員ライフジャケット着用。…

2022年02月26日

大崎のおうさき

大崎のおうさき

らいさぽ事務局の最寄り駅、JR大崎駅のマスコットキャラクター「おうさき」です。ほんのり哀愁感が可愛い…(駅構内のポスターより)

2022年02月04日

18歳から大人

18歳から大人

「民法 第4条 年齢十八歳をもって、成年とする。」民法改正により、今年の4月から、成人となる年齢が18歳に引き下げられます。2022年4月1日、既に18歳・19歳に達している方は、この日から新成人となります。 未成年後見も同様です。4月1日に18歳・19歳に達している「2002年4月2日~2004年4月1日生まれ」の方はこの日に成年となり、後見終了となります。

2022年01月24日

心うらはら

心うらはら

一人暮らしの被補助人Sさん。「ワクチンを接種したい」との希望を受け予約をして、当日お迎えに伺うと、「今日は気が進まない…」と当日キャンセル。再度予約をして、前日Sさんからも「明日よろしくお願いします」とお電話いただいたのですが、二度目も「やはり気が進まない…」と当日キャンセル。毎回、車椅子もレンタルして、スタンバイしているのですが。 Sさん、実は元看護師。婦長さんもなさっていました。連日放映される…

2022年01月04日
2021年12月25日

らいさぽが講師を務めました

らいさぽが講師を務めました

先日函館市で開催された「法人後見実施のための研修会」(実施主体:函館市社会福祉協議会/函館市成年後見センター)にて、「NPOによる法人後見受任の現状と課題について」と題し、当法人理事長・平松太郎がオンラインによる講師を務めさせていただきました。 函館でご参加の皆様、有難うございました。何かしらお役に立てれば幸いです。(オンラインのこちら側はこんな感じでした。)

2021年12月06日

茶話会

茶話会

らいさぽでは先日「茶話会」が開かれました。 会員同士の情報共有・交流の場、任意参加です。今回のテーマは「施設探し」でしたが、そこは「茶話会」、脱線もOK! 初のオンラインによる開催、写真は進行中の舞台裏の様子です。移動中の車内から耳だけ参加の会員もいたり、気軽に参加できるオンラインのメリットを感じました。

2021年11月23日

認知症の預金

認知症の預金

今年2月、全国銀行協会が、認知症や入院等に対応するあらたな指針をまとめました。それにより、国内ほぼすべての銀行が一定の指針で、家族など代理人の相談に対応してくれるそうです。 https://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/news/pr/news320326.pdf 困っていたら、まずは銀行窓口で相談してみましょう。「成年後見制度を利用することが基本」という点に…

2021年11月03日

箱買い

箱買い

T子さんは、桃が大好き。以前は自分用に箱買いしていたほど。 施設で暮らす現在、生ものの差し入れは難しい。しかしT子さんは出会ってしまった! 施設の自販機にそれはあったのです、桃のフレーバーウォーター。ほんのり甘くて、大好きな桃の良い香り。 そうなるともう『箱買い魂』再燃。「今日は10本買っちゃった♥」と のたまう。 水分摂取十二分、お通じも絶好調らしいけど、ほどほどにお願いします。

2021年10月24日

更新研修が行われました

更新研修が行われました

らいさぽの担当者は、「初級業務研修」で成年後見制度の基礎知識を身につけてから、後見業務にあたっています。また業務に携わって以降も、参加必須の「更新研修」によって後見業務のスキルアップを図っています。 先日、オンラインによる更新研修が行われました。その模様を少しだけ。